脚長紳士回顧録

ただただ美しいモノが好きな新規オタクの戯言

『to Heart〜恋して死にたい〜』を見て死にたくなった

 

こんにちは

気がつけば我が国日本も熱帯地帯になっており、突然の集中豪雨に心が折れる毎日です。

そんな湿気と豪雨と戦いながらも皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

先日深田恭子堂本剛ダブル主演、to Heart〜恋して死にたい〜』

常日頃お世話になっておりますTSUTAYAさんにてレンタルした。

 

movie-tsutaya.tsite.jp

 

 

f:id:clm18clm:20170727113407j:plain

futari~いつもそこにキミがいたから~ 愛はパワーだよ!

 

 

堂本兄弟深キョンがゲスト登場した回*1で剛くんが光ちゃん

光ちゃん、愛はパワだよっ!』

と再現するVTRを見てからいつかは見なければ…と温めておいたこの作品。

 

 

ざっくり感想を言うならば

 

回を追うごとになんて甘酸っぱく、切ない純愛ストーリーなんだ…

そして恋をしていない私はたまらなく寂しくなり虚しさを感じずにはいられない

 

そんな素敵なプラトニック・ラブ*2ドラマだった。

 

小松江里子の作品は『青の時代』も見たが、今回の『to Heart〜恋して死にたい〜』をみてプラトニック・ラブのイメージがかなり濃厚になった。そのくらいこの作品も純愛模様が強く印象的だ。

 

...それにしても小松江里子様々だ。若き演技派俳優剛くんの魅力を最大限に引き出してくれてありがとうとファンレターを送りたい。

 

 

▽あらすじ

 

プロボクサーを目指す時枝ユウジとデパートのクレープ屋で働く三浦透子がレンタルビデオ屋でレンタルしたビデオを取り違える所から始まる。初めはお互いにあまり良くない印象だったが一生懸命にトレーニングをするユウジを見かけた透子は彼に惹かれていく。ノストラダムスの予言で世界滅亡する前に思いっきり恋をして死にたいと思った透子は、その相手こそユウジだと思い毎日遠くからユウジを見つめ徐々に距離を縮めていく。だがユウジはアルバイト先の店長であり、兄弟のように親しいかおりに密かに想いを寄せていた為、透子の告白を断ってしまう。それでもユウジのそばにいたい透子は時枝ユウジのトレーナーで元日本ジュニアウェルター級チャンピオンの吉井と打ち解け、一番のファンとして後援会会長となりそばにいるようになる。あまりにも真っ直ぐな透子の思いに揺れるユウジだが、そんな真っ直ぐに恋をする透子をよく思わない淳子*3が透子が二股しているように細工をしたことでユウジは「最低な女」と透子を突き放してしまう。

 

透子はユウジに、ユウジはかおりに...「片思いこそが究極の純愛ではないのだろうか。」というテーマに基づいた片思いの連鎖が凄まじい甘く切ない純愛物語である。 

 

▽感想 (※ネタバレ含みます)

 

深キョン演じる三浦透子はとても健気で真っ直ぐで美少女深キョンが演じるから尚更健気さが際立ち、ただただ可愛い冥利に尽きる!!

しかしながら序盤の"?!この時代ってこんなの普通なの?!"とアワアワしてしまうようなストーカーっぷりには驚かされた。今の時代なら確実にヤバいやつなのでヒロインとして採用されないレベルのストーカーっぷりだった。

 

そしてそんな健気で真っ直ぐな透子に愛されているのが剛くん演じる時枝ユウジ。時枝ユウジはプロボクサーを目指す傍、アルバイト先の花屋の店長かおりに想いを寄せている。ボクサーなら気性の荒い性格なのか(偏見だ)と思うが全くそんな要素はなく、気の利く優しいとにかくいい奴な時枝ユウジ。献身的にかおりを支え、ストーカー気質な透子を受け入れ、魔性の女淳子のお色気作戦には靡かない。こんなにも素晴らしい男性像の時枝ユウジを我等が堂本剛が演じているのだ。若き演技派剛くんの演じるユウジは肉体美も素晴らしい。ボクサー役とあって背筋までしっかりと鍛え抜かれた素敵なボディーが拝めるのはこの作品だけだろう。

 

何よりも忘れてはならないのが、プロデビュー戦で格下の相手に負けてしまいボクシングから遠ざかるなか、想いを寄せていたかおりの婚約者に出会ってしまったダブルパンチ傷心時枝ユウジが透子とたまたま電車で遭遇しゲームセンターに行くシーン*4

さっきまで一緒に楽しんでいたユウジの姿が見えなくなっていることに気がついた透子。館内でユウジを探すと自動販売機の前で自らの傷心を慰め煙草を吸い、物思いに耽る時枝ユウジ

 

f:id:clm18clm:20170729094347j:image

 

……

 

 f:id:clm18clm:20170729094404j:image

 

……

………

 

は、儚い…儚いぞ、時枝ユウジ…途轍もない哀愁漂うこの表情

一つ一つの仕草や表情から剛くんの演技が大好きだと痛感させられる。

 

また煙草という武器と相まって儚さ1000%で堪らなくときめいた。煙草を吸う人は…という方もいるかと思うが大人と子供の狭間にいる若干20歳の青年が持つ特有の儚さなのでここは外せない見所だ。是非チェックして欲しい。

 

そんな時枝ユウジに想いを寄せられる花屋の店長かおりは、婚約者がありユウジの思いに気づきながらも弟以上恋人未満にしか見ていない。結婚式に向け打ち合わせを行うが、そのタイミングで雑誌やフラワーアレンジメント本の出版等の大きな仕事が入り、仕事と家庭の両立が出来ず婚約破棄となってしまう。そして傷心している時にユウジの優しさに気づき寂しさを埋めるために体の関係を持ってしまうわけで、どこまでも自分本位で恋愛には向かないタイプだな。と思ってしまうが、ストーリーを盛り上げるための必須キャラではあるから仕方あるまい。と頭でわかっていながらも主人公に幸せになって欲しい派である私は、かおりがいなければ透子とユウジは幸せになるのに…と思わずにはいられなかった。

 

そんな弟以上恋人未満の関係を越えてしまったのが、婚約破棄になった直後の台風の日。

花の買い付けに出向いたかおりとユウジは大雨の影響で車が脱輪してしまい近くのペンションに泊まることになる。あいにく部屋が1部屋しか空いておらず同じ部屋で泊まることになるが、ここで傷心かおりが爆発する。婚約破棄となった寂しさで何かに縋りたくなったのか、自分の事をずっと好きでいたユウジがいつも自分の辛い時に支えてくれていたことに気がつき体の関係を持ってしまう。

 

これは明らかにプラトニック・ラブに反した欲深い人間の心理である。片思いこそが究極の純愛である事を象徴する為のワンシーンとも考えられる。『結婚』という形で結ばれたかおりは婚約破棄となり、婚約者への気持を忘れらず、その寂しさを埋める為に自分の事を好きなユウジを受け入れるが、結果的にかおり自身も、ユウジも傷つけてしまった。

  

 

そんな3人の三角関係で進んでいくのかと思いきやそんなに単純なドラマではなかった。透子とユウジを邪魔しようと魔性のエレベーターガール淳子が現れ、かき乱していく。淳子は一般的に男ウケの良いタイプで今まで自分に落なかった男がいなかった為か本気の恋愛をしたことがなく、自分の寂しさを人の彼氏を落とすことで埋めていたかなりの魔性の女。あまりにも真っ直ぐに恋愛をする透子をみて面白くないと思い、透子の男を落として傷つける事で優越感を得ようとするが、亮介*5と透子の二人が恋人だと勘違いをし、亮介と関係を持つが、ユウジ以外眼中にない透子は全く動揺しなかった。そんな透子をみて「姉さん、流石っす!」と1人で突っ込んでしまった。

そして淳子は透子が本当に想いを寄せる人がユウジであると知り、ユウジの所属するボクシングジムでユウジと同期の小林と透子が出来ているように仕組む。そこで真っ直ぐな透子に惹かれ始めていたユウジが『最低な女だな』と透子を突き放し、流石の透子も女のプライドが傷つけられユウジと距離を置いてしまう。

 

あまりにも卑怯な淳子に対して透子は、ユウジへの自分の愛が本物である事を証明するために、デパートの屋上の縁を歩いて『ユウジの為なら命をかけれる』と淳子に見せる。それを見た淳子はあまりも真っ直ぐに恋をしている透子にさらに嫉妬心を燃やし、自分もそのくらい出来ると透子の真似をする。しかしその拍子に足を滑らせ落下してしまう。あまりにも急でアホらしい展開だが、淳子は病院に運ばれ怪我を負ったが命に別状はなかった。透子から連絡を受けたユウジと吉井が病院に来たことから吉井が淳子の看病をするようになり、淳子は吉井の男らしさの中に垣間見える優しさに惹かれていく。まさかのそこが…という展開だったが、淳子は本当の恋愛に気付き吉井にアタックをする。しかし吉井は亡くなった奥さんの事、年もダブルスコア違う淳子には自分より相応しい人がいる…と淳子の気持ちには応えることはなかったが、結果オーライ淳子は本当の恋をすることができた。

 

 

 『片思いこそが究極の純愛ではないか』

何度か本文中にも上げているが、この作品は『片思いこそが究極の純愛ではないか』というテーマに基づいて描かれている。その為片思いの連鎖が凄まじい。

 

透子はユウジに、ユウジはかおりに、かおりは婚約者(例外)*6に、亮介は透子に、淳子は吉井に…みんな片思いだ。淳子に関しては終盤に吉井と良い雰囲気になるがダブルスコア違う事等吉井の中で引っかかることが多く結ばれはしない。それぞれが片思いである事で傷つき、切ない思いをするが、確かにプラトニック・ラブには1番近いかもしれない。

人間というものは、 心が繋がってしまうと肉体的な欲求が出てきてしまいプラトニックな恋愛ではなくなってしまう場合がほとんどだろう。それを表現したシーンが、弟以上恋人未満とユウジに対して思っていたかおりが心の傷によって理性を失いユウジと体の関係を持ってしまったシーンだろう。つまり相手にも自分に好意を持って欲しい、少しでも良い所を見せたいと思うことの出来る片思いが、1番相手を思いやり、相手の為に理性を保って接することができる為『片思いこそが究極の純愛』と言われる所以ではないのだろうか。

 

 

▽最後に

 

透子の恋愛に対する姿勢があまりにも純粋無垢で真っ直ぐなので、「健気で可愛いな」と思う反面、あれ?こんなに純粋に恋した事あったか、私。と思い過去を振り返ってみたが私のメモリーに該当するラブストーリーが一つも見当たらない為非常に虚しくなり、死にたくなった。

ここまで真っ直ぐに好きな人に向かって行ける人はなかなかいないだろうが(そう思いたい)、いつか私も透子のように真っ直ぐな恋愛がしたい。そしてそのまま死ねたら本望だ。

 

 

『to 干物女~恋してないから死ねない~』

 

今の私にタイトルをつけるならばこうだろう。

 

 

 P.S. 5話に光一さんがカメオ出演している。KinKi Kidsファンの方には是非そこもチェックしてみて欲しい。

 

 

*1:2009/03/15放送堂本兄弟エンディング5秒

*2:肉体的な欲求を離れた精神的恋愛

*3:透子と同じデパートでエレベーターガールとして働く女。本気の恋をしたことがなく、人の彼氏を取ることで自分の存在価値を感じている。

*4:第2話 恋して死にたい

*5:透子と同じデパートの屋上で働く男。透子のことが好きで昼食を一緒に食べたり、デートに誘ったりとずっとアピールをし続けている。

*6:※婚約破棄になるがお互いに気持ちは好き同士のまま

オタクの種を持った私がKinKi Kidsにハマった10の理由~後編~

 

こんにちは

 

刻一刻と夏が深まる中、KinKi Kids20周年を無事迎えることができましたね。

心配事も多い時ですがそんな時こそ強く生きねば、と思う酷暑の侯です

 

剛くんの耳が完治してくれれば他にはなにも望まないのに…と思ってしまいます。

今回たまたま20周年という節目の年だった、イベントと重なってしまった。それだけですよね。

この困難を乗り越えてまた素敵になったKinKiに会えることを楽しみに、あまり悲観的にならないように(好きだからこそ難しいですが)したいものです。

 

 

さあ、早速ですが、前回の『オタクの種を持った私がKinKi Kidsにハマった10の理由』の続き、後編に参ります

 

 

clm18clm.hatenablog.com

 

 

⑥レベルが高いファン

自分の知らないKinKiのことをもっと知りたいと思い動画を見るだけでは飽き足らずファンの方のブログを頻繁に拝見する。

 

そこでファンの方のブログ程熱量を感じるものはないし、長く芯の堅いファンの方が多いな、と。

なにより「好き」は偉大だ。ものすごく伝わる。

 

アイドル界の第一線で20年以上活躍してきたKinKiのファンだからなのかファンもレベルが高い

 

ファンのレベルの高さとは

ライブレポだけじゃなく、出演番組、CM、雑誌…事細かにブログを書いてくださっているし、Twitter活動も非常に盛んで公式に引け劣らない。というか公式より公式だと思っている。

なぜなら最新の情報と過去の関連エピソードを交えて教えてくださる。

 

気づいた時には情報難民になってしまう私には大変ありがたい

 

また、ファンとKinKiふたりの距離感。近すぎず、遠すぎず…安心と安全の距離感が(懐かしいネタ)

 

 

 

⑦音楽・バラエティ番組でタイムリーな成長期を感じられる

 

デビュー前から数多くのバラエティ番組に出てきたKinKi Kids

初期のバラエティ番組はやはり幼さと子供らしいトークがあどけなくかわいい。

デビュー前からメディア露出も多く、中居くんのサポートを元気一杯のびのびと努めたアイドルオンステージを始め、MC番組を多数持つようになり芸人顔負けのテンポの良いトークを繰り広げるようになった。

 

CDデビュー前の番組を20周年のお祝いで歌番組や少クラで少し放送されていたが、首の座らない光一や、意味不明なボケをし続ける剛。と...それをみて可愛さに悶える私に対し母親の「ファンってすごいわね。」という痛切なひとことは私の胸にだけとどめておこう。

 

音楽番組[編集]

テレビバラエティ[編集]

KinKi Kids - Wikipedia

 

やはり思春期という吸収力抜群の多感な時期にこれだけの数の番組をこなしてきたからだろうか、番組進行で必要とされるトーク力、間合い、MCのコンビ芸...何もかもの基盤ががっちがちすぎる。

それでいて個々のキャラクターもはっきりしているのが彼らの魅力だ。

 

 そしていまでは仙人と呼ばれるまでに悟りを開いた剛くん自由毒舌天然の少女漫画の王子キャラ三拍子が揃った光ちゃんのふたりの安定感は素晴らしい。

 

 

 

⑧オシャレな剛

 

堂本剛といえばアシンメトリーヘアーのパイオニアである。アイドルとして活動する傍らその枠を超えた個性を出してきた。時には行き過ぎたオシャレに周りから理解されなかったり、事務所からお叱りを受けたりと苦労もあったようだが、今では堂本剛はずば抜けオシャレという事が国民の脳内にブランディングされている。

 

冷静に剛くんのファッションを分析すると、ファッション学の基礎的にはありえない柄on柄やシルエットバランスの時もあるが彼は「自分に似合うもの」を明らかにわかっている。

 芸能人だからお高いブランド固めで...ではなく服が持つ魅力を感じて古着を好んで着たり、着こなし自分を表現する姿勢が私が尊敬している点だ。

 

また、個人的に堪らなく好きなファッションがあって

ノースリーブのトップスに若干フレアなパンツ、手元にはアームウォーマーファッション。最高にpunkでfunkだ。ぜひ一度チェックしてみて欲しい。

 

 

 

⑨ストイックな光一

 

自他共に認める仕事人間である光一くん。

という傍ら本人はストイックであることは認めていない説もあるが…世論調査をとれば確実にストイックに値する。

 

ただ年を追うごとにエンターテイナーとしてはもちろん、裏方(演出、脚本、作曲等)としての才能も認められ堂本光一の凄さを感じずにはいられないだろう。

 

a.excite.co.jp

 

KinKi Kidsの仕事も、堂本光一として関わるSHOCKの仕事も…全て全力でその時の一番の演出をし続けてくれる姿がたまらない。

 

何よりその努力を見せず常に最高のエンターテイナーであり続ける姿勢こそが彼が人を惹きつける魅力なのだろう。

 

一見、天性の才能とみえるがただならぬ努力でエンターテイナー堂本光一を築き上げた彼を見れるそれが日本一チケットの取れない舞台 『Endless SHOCK』だ

 

バラエティではやる気のないキャラクターを出していて普通なら調子にのってると反感をかうようなキャラクターだが、それが受け入れられていることは裏の凄まじい努力を皆が感じているからだろう。

 

⑩知るほど深み旨味が増す堅あげポテトのようなKinKi Kids

 

 噛めば噛むほど美味いKinKi Kids。そうだ。知れば知るほど好きになる。

この項目があることによってある意味10の理由になっていないことは大目に見て欲しい。

 

まだまだ新米KinKiファンの私に魅力を語るなんて非常におこがましく恐縮なことであるが私が知れば知るほど感じたKinKi Kidsの魅力を聞いて欲しい。

 

・ジャニーズという枠組みでただキラキラしているアイドルライブなのかと思えばアーティスト顔負けの歌唱力、ダンススキルの高さ、そして楽器まで演奏する魅せるライブ

 

・関西人だからなの…いや、違う。長年のMC経験から生まれた抜群なトーク

 

・音楽に愛された男堂本剛は音楽に生き、エンターテイメントに愛された男堂本光一は舞台に生きる…個々のスペックの高さ

 

・16.7歳やそこらで出演したドラマから分かるように化け物並の演技力

 

・狭く浅い交流関係から汲み取れるように、関係者各位からの愛され度合い

 

・耽美的な美しさを持つ

容姿の美しさはもちろん、アイドルとして、アーティストとして、役者として…幅広いジャンル全てで常に頂点に立つような美しさを持つ

 

・好きになったことを一ミリも後悔させない、アイドルとして、アーティストとして、エンターテイナーとしての高い意識を持つのふたり

 

・ファンじゃない人、異性、幅人い世代の方からも「KinKi Kids好きなんだね、いい曲多いよね。」や「トーク面白いよね」、「演技うまいよね」と褒められまくり自分のことのように嬉しくなる

 

……

………

 

 と、私の乏しい文章力ではKinKi Kidsの良さをうまく伝えられませんが…以上。

私がKinKi Kidsにハマった10の理由でした。 少しでも共感してくださる方がいらっしゃいましたら嬉しい次第です。

 

そしてオタクの種をもつ皆さん。

是非私と一緒に立派なKinKi Kidsの華を

咲かせましょう!!

 

 

 

 

ジャニオタ初心者、試練相次ぐ

 

こんにちは。

昨夜は遂に『KinKi Kids party!〜ありがとう20年〜』でしたね

 

ライブチケットはお譲りとかで探してみたものの

なかなか譲りがない事、また仕事が入ってしまい断念。

その後、ライブビューイングならぬ、ディレイビューイング開催決定ということで応募するもののあえなく落選…

でしたが強運な友人のおかげで参加できることに。

そんなホッとした矢先、剛くんの耳が完治しない為やむなく演出変更、並びにディレビュは中止となってしまった。

仕方のないことだと割り切るさながら悔しさもあり数日間凹んで凹んだ。

 

そして20周年を祝う宴『KinKi Kids party〜ありがとう20年〜』を

明日に控えた7月14日金曜日夜

 

Twitterで剛くんのLove Fighter、光ちゃんのSHOW MUST GO ONがとんでもなくファンのことをわかっているタイミングと内容で更新されたという情報を受け

 

読まねば!!!

 

と。

 

しかしながらジャニオタ初心者

ブログを読むのには確かお金を払わなければ。

という所は知っていたのでこれを機に!と思い急いでファンクラブ(通称JOHNNYS family club)に入会

 

また、すぐさま読みたかった為ペイジーのインターネットバンキングを使って即会員登録をした。

 

そしていざ、ブログ読むぞ!

 

とHPを開くもログインできない…

 

……

 

何度先ほど登録した会員番号、パスワードを入力しても入れない

 

……なぜ??

 

困ったらとりあえずGoogle先生

 

『ジャニーズ ファンクラブ ブログ』

 

m.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

……

………

 

?!

 

どうやらファンクラブであるジャニーズネットと

ブログが掲載されているジャニーズwebは違うらしい

 

おいおい、そんなトラップ聞いてねえぞ〜

と1人ツッコミをしながら

月額315円か…と悩みだした。

 

年間だとポンっとお金払ってしまう私は

月額になると躊躇う(過去に月額系の動画サイト等一気に登録しすぎて痛い目にあっている)

 

そんなこんなでいまだジャニーズwebの登録はしていない

 

次回、私がジャニーズwebの会員になるその日まで

首を長くして待っていろよな☆!

 

みたいな展開も出来るよう、ジャニーズwebの会員になったらご報告更新をしたい

 

 

さいごに。

本日も暑いのでKinKi Kids party!に参加される方は熱中症などには十分お気をつけて楽しんでくださいね

 

 

 

オタクの種を持った私がKinKi Kidsにハマった10の理由~前編~

 

 

こんにちは

猛暑が続き夏の訪れを受け入れきれないまま過ごしている今日この頃です

 

予定では一記事にまとめる予定でしたが長くなりましたので前編・後編にわけて更新致します。

どうか最後までお付き合いくださいませ。

 

◎はじめに  ※全て私の持論で偏見です

人間は大きく分けて2種類に分けられます。

それは『種を持つ人』『種を持たない人』です

種とはオタクになる要素の事で、すでにオタクとしての自我が芽生えている方は『種を持つ人』であり、その種が芽吹き、花を咲かせた人であると考えています。

また、今現在はオタクとしての自我がない方も『種を持つ人』であれば何かのきっかけで花を咲かせる可能性があるという事なのです。

 

反対に『種を持たない人』はきっかけがあってもハマらない、オタクとしての花が咲かずにおわってしまうのです。

 

つまり『種を持つ人』は何かきっかけがあれば芽吹きオタクとしての花を咲かせる事が出来るのです。

 

そこで確実に『種を持つ人』であった私は(小中学生から2次元、声優、K-POPアイドル、某星屑事務所♂グループ、地下ドル♂と多方面でオタクをしていた)、とあるきっかけで『KinKi Kidsファン/オタク』という新しい花を咲かせました。

 

今回は新しいオタクの花を咲かせたきっかけとなった10の理由をお届けしてまいります

 

①一目瞭然な顔面偏差値の高さ

 

男らしくキリッとした剛くんと中性的な美しい光ちゃんの国宝級顔面偏差値721!

各々一目見ただけで感じるカリスマ性に2人揃った時の破壊力はセルの太陽系破壊かめはめ波並だ。

 

「神からの賜物である高偏差値ルックスの2人が出会う」というお偉い神様の集う神界のベストセラー長編小説だとすらも思える程出来すぎた偶然の集まり(苗字や家族構成等〉であるKinKi Kids

神は二物を与えずというが与えられすぎている。が、強いて与えられなかったものを挙げるなら身長だ。きっと未熟な神様があまりにもハイスペックな2人に嫉妬して成長を止めてしまったのだろう。(実際は成長期に寝る間もなく仕事をし続けた代償だと考える)

 

なによりアイドルグループとは基本的にビジュアル担当やお母さん担当など役割があるがKinKi Kidsは2人ともビジュアル担当(しかも2人のジャンルが違う為幅広く攻められる)であり、またファンじゃなくても2人ともかっこいいと言われている気がする…(偏見)

 

見た目からも一石二鳥アイドルKinKi Kids

 

②最高峰のエンターテイメントを感じるライブ

 

私自身本当に駆け出しなのでまだKinKi Kidsのコンサートに行ったことはないがライブDVDや音楽番組でも感じることのできる最高峰のエンターテイメント性

 

特にライブはTHE ジャニーズなキラキラ輝きを放ち、上下左右に動き、回転するステージセットや火山噴火の如く吹き出す炎等…長年の歴史もあるのかとにかくド派手な演出が多い。

また、どこの国の王子様だよ〜と叫びたくなるステージ衣装。美しい容姿と輝くステージとが相まってキラキラギラギラ眩しい。

 

視覚から得る情報だけでだいぶお腹いっぱいになる…がこれだけで終わらないのがKinKi Kids

 

歌を歌えば圧倒的な歌唱力でファン以外からも称賛の声が上がる、ダンスを踊れば天性のリズム感で魅了する剛くん、逐一丁寧に美しく魅せる光ちゃん楽器を弾けば新しい魅力をこれでもかと言わんばかりに沸き立たせてくる。

しかも全てが圧倒的に群を抜いている。

もはやアイドルではなくアーティストとふたりが呼ばれる所以がここにある。

 

そしてなにより譲れないものはコレ!!

KinKi Kidsといえば!というレベルのMC芸

 

キャッチコピーをつけるなら

 

毒舌な光一! ゆるふわ小ボケな剛!

ふたりはKinKi Kids!!

 

なんて21世紀少女たちのヒーロー、ふたりはプリキュアの変身セリフに当てはめたい。

 

特に私は光ちゃんの毒舌MCレポを知り、沼へと浸かり始めた身なので譲れないポイントだ。そのMCがまとめられてるものがありましたので是非とも見て欲しい。

もしも今自称ジャニヲタでないのなら見た瞬間からあなたも新しい種が芽吹くだろう。

信じるか、信じないかはあなた次第!!

 

matome.naver.jp

 

美しくて愛されている光ちゃんだから出来るこの毒舌MC…そして毒舌の後にアフターケアも行う辺りとんでもないエンターテイナーだ。

『世界一の飴と鞭MCで落とした女の数』枠でギネス世界記録認定申請を要請したい。

 

お次は剛くん。光ちゃんのMC専門家なのでまだまだ剛くんの魅力を全力で伝えられない事が悔やまれるが私が推したいのはやはり芸人潰しの小ボケだろう。

小さい子のようなひらがなしゃべりの抜けないゆるふわかわいい剛くんのトークはとりあえず小ボケてくる。

お笑い好きということもあってか今や『小喜利な私』という大喜利ライブを行う程。

その模様をレポされている方がいらっしゃるのでこちらも是非

 

http://www.eonet.ne.jp/~mayu244/小喜利の私repo.html

 

剛くんの魅力が詰まったお笑いライブもまた新しい扉なのでジャニヲタとして芽吹いていない方のきっかけの水やりになるかもしれない。

 

そして最後はなんといってもKinKi節と名付けたい程安定感のある剛×光一のテンポの良いトーク。掛け合いは関西出身アイドルとして20年以上やってきた賜物であると言える。

デビュー前から関西ローカル、全国区と勢力拡大をし数多くのMC番組を持ち常にテレビ業界の第一線で活躍してきたKinKi Kids

思春期という多感な時期に置かれた環境からたくさんのものを吸収して来たからこそ『KinKiのトークスタイル』名付けて『KinKi節』が確立した。

 

歌、ダンス、演出などのライブパフォーマンスだけではなく、

アイドル界の新しいエンターテイメントの礎築き上げたKinKi Kids

 

③マイナーな声とコード進行の楽曲

未だ嘗てこんなにもマイナーコードを攻めたアイドルを私は知らない

(狭いコミュニティの中なので他にいたらすみません)

 

そしてなにより私はマイナーコード進行の曲が好きだ。

マイナーコード特有の中毒性のあるリズム、その中毒性を引き立てせる小説のような言い回しのフレーズや、ワードが堪らない。

 超ロマンチストな私はKinKi Kidsの歌詞が語彙が豊かでロマンチックな宮沢賢治や、豪華絢爛な泉鏡花の小説のような美しい言い回しを感じひとつひとつに痺れる…

 

美しい人が歌うからなおのこと曲に深みが出るという持論すらもある。

 

 

KinKiのマイナー系楽曲についての考察をされている記事を見つけましたのでこちらも引用させていただきます。

 

toufuro.hateblo.jp

 

 

なにより↓

 

長調=明るい、短調=暗いっていう一般的な感覚な話じゃなくてあくまで個人的な感覚の話だけど、音階の上がり方や下がり方が、長調は水平、短調は傾いてる感じがする。短調は、階段の段自体が凄い傾斜(イメージ→/)してて、滑り落ちそうになる感じ。長調は、普通の階段で安定感がある感じ。

突き刺さるマイナー声 - 気休めの音楽を流す

 

!!!それだ!!!

無意識のうちに好きな音楽は短調系のものが多い私の長年の謎を紐解いてくださった一文。

傾きのある滑り落ちそうな短調楽曲の中毒性にやられているのだ。

あ、だから光ちゃんも階段落ちがクセになって何度も落ちるんだね☆なんてくだらないボケを挟みつつ...話を元に戻すと

 

デビュー当時山下達郎さんに仰られたようにマイナー声のKinKiだからこそなんの違和感もなくマイナーコードの楽曲がフィットし、何より音楽としてふたりの魅力を引き立たせる為の重要なツールとなるのがマイナーコード楽曲なのだろう。

 

コード進行までも新しいアイドル界の扉を一つ開いてしまったKinKi Kids

 

④思春期がたまらない

 

はじめに公言しよう。

私は元々ショタコン路線でオタクをしていた。

以前の沼(某星屑事務所 男の子グループ)を推していた時代はショタの漲るフレッシュパワー☆に萌えていた。

 

だからこそ、KinKi Kidsショタ期は国宝としてショタ博物館に貯蔵されることが一生をかけて直訴し続けたい私の願いだ。

 

先ずは堂本剛

田舎の少年っぽさの抜けないふわっとした感じに、若くして仕事をしてる故の謎の悟り、儚さが時々垣間見える時、たまらなく惹かれる。

体つきも細いが、骨格は骨々しく男らしい。が、口を開くとひらがなしゃべりのあどけなさがかわいらいし。

 

総括するとギャップが凄まじい。

思春期という多感な時期に多くのものを見て感じてしまった為に影が濃くなったのだろう。と思うと最高に推せる。

 

儚い系イケメン万歳

 

続いて堂本光一

いいトコのお坊ちゃんだけど自分で自覚はない。

望む前になんでも手に入るから基本的に欲望はないが、凝り性な為好きなものはとことん好きな偏食くん。

 

今とあまりそういった面では変わらない。

 

昨今の男の子程ガリガリではないがひょろっと細い。剛くんは男性らしさを感じる部分もあるが正直、思春期の光ちゃんは男の子満載。

 

強いていうなら美形なばかりに女の子でもいける。天然の中性的美形。

近頃ジェンダーレス◯◯みたいなのが流行っているがかつての光ちゃんを呼び戻せるなら私は日本で1番天然素材で中性的な美形だと推薦したい。

 

美しいって最高に罪な事

 

思春期には思春期の良さがある為、あの時を懐古しても美しいKinKi Kids

 

⑤グループの絆が半端ない

 掘れば掘るほど湧き出る温泉地のようなKinKi Kidsのエピソード

 

歴史の分だけ、乗り越えた試練の数だけの強くなった絆

 

私のような新規ファンには到底語れない深みがすごい

 

matome.naver.jp

 

個人的にもおすすめしたいのはTwitterハッシュタグ『#動画だけでKinKi沼に引きずり込もうキャンペーン』

 

twitter.com

 KinKiファンの方々が逐一可愛いふたりの見所をたーんと紹介されている。

このハッシュタグのツイートを見ているだけで一日が終わり癒され幸せな気持ちになる。

 

ある意味私にとっての最高の528Hz*1なのだ。

 

アラフォーになってもかわいいふたりの絡みが素敵ね!KinKi Kids

 

 

,,,とまあ前編とても長くなってしまいました。

駄文で大変お恥ずかしいのですが少しでも多くの方を #KInKi沼に引きずり込めたら 新しい種が芽吹いたらいいなと思っている次第でございます。

 

 

*1:人間に様々な良い効果をもたらすとされている『ソルフェジオ周波数』のうちのひとつである528Hz

DNA細胞の修復、メンタルを癒す事ができるといわれている。

DNA修復とはアンチエイジングにも繋がり医療にも役立つのでは。と近年いわれているがまだ医学的な証明はされていない周波数のこと

はじまりはいつも雨とKinKi Kids

 

こんにちは

ハイペースの更新に絶対に今後三日坊主になるぞ、私ともう1人の私が囁く五月雨

 

台風の影響で暑い日が続きついには雨も降ってきましたね

 

『雨』といえばKinKi Kidsといっても過言ではないと自負しているKinKiファンは私だけではないと思う程『KinKi Kidsと雨』の関係は深いですね(偏見)

 

『KidsKinKi×雨』で、思いつくものをひたすら挙げていきたいと思います

 

雨のmelody

今現在も進行形で次世代ジャニーズを育てる公式番組

『ザ少年倶楽部』で後輩によるカバーの多い一曲

 

後ほど『雨』を感じさせるワードを含む歌詞編の項目もありますが個人的にどうしても外せないのがこの曲です

 

元々曲自体は知っていたのですがKinKiファンになり某動画サイトにて当時(1999)の映像を見た衝撃は忘れられません

 

たまらなくノスタルジーを感じるアイドル中のアイドル衣装、パフォーマンス、歌唱力の高さ、癖になるダンスとマイナーコード進行...なんだこれは!!の詰まった超お得な福袋かよ...と暫く悶絶したことを今でも覚えています

 

好き・嫌いの分かれるマイナーコード進行ですが、マイナーコード進行の少し切ないような曲が好きな私にはど真ん中ストレートもいいとこでした

 

いつかもっと細かく見どころをお伝えできるようこれからも『雨のmelody』を掘り下げ日々精進して参ります

 

KinKi Kidsのブンブブーン

KinKi Kidsの何年振りのロケ番組として2015年から放送開始した番組

ところがロケ嫌いな光一さんの強い思いがお天気の神様を動かすのかロケ日がやたら雨。ブンブブーンばかり見ていると「あれ?日本って1年中雨季の国だったっけ?」と思ってしまうレベル

 

本人たちもオープニングで天気に触れることが定番化している模様

 

同じようにブンブブーン収録日の天気を記事にされている方がいらっしゃいましたので引用させていただきました!

 

 

 

lovemustgoon.sblo.jp

 

ブログ作者様へ、引用させて頂く趣旨お伝えしたかったのですがコメント欄等がなく無断での掲載ですのでもしも不備等ございましたらご一報くださいませ。 

 

⑶雨の影響によるライブ中止

 かなり有名な話かとおもいますが、2000年9月16日の横浜スタジアムでのライブが大雨の影響で中止に。

かなりの豪雨だったようですが、みんなで一緒に風邪を引こう!というくらいの熱量でライブはスタート。しかし、これ以上は危険だということで途中中止されたもはや伝説化されているライブです。

 

当時のファンの方、光ちゃん、剛くん、スタッフさんみなさんの心情を思うととても居た堪れない気持ちになります。が、当時は消化できなかった想いを15コンで裏話を交えトークしてくれるKinKiの逞しさに尚更ついて行きたくなりました

 

 

blog.livedoor.jp

そんな当時の心境を綴っている素敵な記事を見つけたので引用させて頂きました。

ブログ筆者のtsuyo_kou_721様、快諾して頂きありがとうございました。

 

このコンサート以降後KinKi Kidsでは野外コンサートがなくなったとか…

それだけの出来事だった野外コンサートを20周年の今年行う覚悟に胸を打たれますね

 

 

⑷「雨」ワードの入っている歌詞

ざっと調べただけでもこんなに…

 

UTA-NET掲載楽曲254曲中26曲

 

KinKi Kidsの歌詞一覧リスト

 

元の楽曲数の多さもありますがこんなに雨に関連した歌詞が多い...

と、思っていましたが、実際調べてみるとそれ程でもなかったです(^_^;)

KinKi Kidsと雨の関係を意識しすぎてしまっていたようです。

ですが調べるうちに「風」というワードの多さも気になり出しましたので

いつかそちらの調査も出来たらなあ…

 

⑸そもそもKinKi Kidsというか光ちゃん雨男説

上記の項目にも何度か出てきてはいますが光ちゃんの雨男説はかなり濃厚な印象…

 

エンターテイナーとして最高を与えられた堂本光一

「雨男」の称号も神から与えられたのでしょうか

ここまでくると「雨男の堂本光一」でもカッコよく聞こえてしまう帝王光一様恐るべしですね。

 

因みに私も吃驚する程雨女で身内では有名です

楽しみにしていた旅行は大体雨に始まり雨に終わる

地方に住む友人に逢いに行くと必ず雨の為嫌がられる、

雨雲と糸で繋がってるのかと思うほど局地的豪雨に見舞わる等

きりがなく、まだ自分では認めていませんが私も雨女説濃厚です(^_^;)

 

⑹はじまりはいつも雨 剛カバーver.

これは天下一品、結婚式にもなんなら葬式にも流しておくれ...と

来世に語り継ぎたいカバー曲No.1!!!

 

優しくも芯のある完全なる”堂本剛のはじまりはいつも雨”なんです

以前番組で人生で初めて買ったCDがこの曲であるという素敵なエピソードもお話されていました

  

244history.wixsite.com

 

 

また「カバ」アルバムをリリースした際のインタビューでも

 

www.news-postseven.com

 

 

こんなにも素敵なエピソードがありカバーをされた事を知り、

なおのこと『堂本剛のはじまりはいつも雨』が大好きになりました

 

人を愛することの深さが綺麗な歌詞で表現されているこの楽曲を人生初自身の意思で手に入れた剛さんって...「愛」を天性で感じで表現出来る人なんだな。

なんて深読みしてしまったり...(^_^;)

 

 

 

 以上KinKi Kids×雨』の関係について偏見ピックアップでした

KinKi Kids×雨はネタが続く限り更新していきたいですね

 

 

思春期の堂本剛を堪能できるドラマ『青の時代』を見て。

思春期の堂本剛を堪能できるドラマ『青の時代』を見て。

 

『青の時代』と言えば大体の人が三島由紀夫が1番に出てくるのではないだろうか。私自身もそうだった。もしくは芸術家ピカソの精神的にも辛かった時期に描かれた青を基調とした作品のが多く見受けられる時代のどちらかが多いだろう。

しかし今回取り上げる『青の時代』はどちらでもない。

青春三部作と呼ばれる小松江里子脚本、堂本剛が主演するTBS金曜21時枠の連続ドラマの2作目の『青の時代』なのだ。

 

▷あらすじ:

一人の不良少年と、二重人格に悩む弁護士、そして少年に惹かれた少女…。人間が極限状態に追い込まれた時の究極の愛と憎しみの姿を描く。恐喝、暴力などの犯罪を重ねる不良少年が、二重人格の弁護士や純粋な少女との出会いから、優しい心を取り戻していく青春ドラマ

 

青の時代 - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇

 

 

▷感想

毎度のことであるが堂本剛とともに、KinKi Kidsとともに思春期を青春時代を過ごしたかった…の一言から始まる。

突然KinKi Kidsという沼を見つけ(経緯はいつか話したい)、たったの1、2ヶ月でズブッズブの私はKinKi Kidsと共にこの世に生を受けた世代(そんな呼び方があるのだろうか)である。その為何につけてもこの感想が付き纏う。

平成初期のドラマのヘビーさには未だに慣れない昨今の若者なので刺激的なストーリー展開、取り上げる社会問題、題材全てが正直重たい。若葉のころもそうだったが青の時代も1話、2話あたりでは「あれ?野島作品なのでは…??」と感じる設定だな、と思うほどだった。

ドラマの世界に入り込み易い人ほど感動してしまうストーリー展開。リアルタイムで観ていたKinKiファン方にはとても衝撃的且つのめり込みやすかったのではないでしょうか。

 

率直な感想でいうとストーリーは若葉のころよりは物足りなさがあった。が思春期の堂本剛というパワーワードが脳裏をよぎり常に新しい気持ちで新しい発見を持って見る事が出来た。

堂本剛演じる不良少年安積リュウが人を信じる事で新しい人生をスタートするというなんとなく予想出来てしまうストーリーがやはりドラマ。展開が読めてしまい一瞬韓ドラかよ~と突っ込みたくなったがそこはブレーキをかけておいた。

そして何より恋愛模様は純愛だった。ドラマ全体の心理描写はめまぐるしいほど激動で嬉しくなったり、悲しくなったり忙しかったが、恋愛だけはずっと純愛で青春という懐かしさと青さが可愛かった。

 

純粋に好きな人、守りたい人のために生きるリュウの生き様は誰もが憧れたのではないだろうか。

 

愛と憎しみの相互関係を多感な思春期の少年を主人公に描く事でよりタイムリーで、得るもの多さ、衝撃を感じさせたドラマだった。

 

またキャストの良さも忘れてはいけない。

二重人格の弁護士榛名役には山崎豊子原作の「大地の子」で一世を風靡した上川隆也、ヒロインには「若葉のころ」でもお馴染み奥菜恵リュウの友人には思春期のKinKi Kidsドラマを共に駆け抜けた小橋賢司、鑑別所でリュウと出会った闇深い少年朱里は「聖者の行進」や「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の安藤政信、ヒロイン茜の姉で弁護士榛名の嫁は篠原涼子と錚々たるメンバーだ。そこも是非注目してみてほしい。

 

そして最後に。思春期の堂本剛の美しさが凄まじい。儚さのある少年はどの時代にも通じる1番の美しさなのだと信じている。