脚長紳士回顧録

ただただ美しいモノが好きな新規オタクの戯言

オタクの種を持った私がKinKi Kidsにハマった10の理由~後編~

 

こんにちは

 

刻一刻と夏が深まる中、KinKi Kids20周年を無事迎えることができましたね。

心配事も多い時ですがそんな時こそ強く生きねば、と思う酷暑の侯です

 

剛くんの耳が完治してくれれば他にはなにも望まないのに…と思ってしまいます。

今回たまたま20周年という節目の年だった、イベントと重なってしまった。それだけですよね。

この困難を乗り越えてまた素敵になったKinKiに会えることを楽しみに、あまり悲観的にならないように(好きだからこそ難しいですが)したいものです。

 

 

さあ、早速ですが、前回の『オタクの種を持った私がKinKi Kidsにハマった10の理由』の続き、後編に参ります

 

 

clm18clm.hatenablog.com

 

 

⑥レベルが高いファン

自分の知らないKinKiのことをもっと知りたいと思い動画を見るだけでは飽き足らずファンの方のブログを頻繁に拝見する。

 

そこでファンの方のブログ程熱量を感じるものはないし、長く芯の堅いファンの方が多いな、と。

なにより「好き」は偉大だ。ものすごく伝わる。

 

アイドル界の第一線で20年以上活躍してきたKinKiのファンだからなのかファンもレベルが高い

 

ファンのレベルの高さとは

ライブレポだけじゃなく、出演番組、CM、雑誌…事細かにブログを書いてくださっているし、Twitter活動も非常に盛んで公式に引け劣らない。というか公式より公式だと思っている。

なぜなら最新の情報と過去の関連エピソードを交えて教えてくださる。

 

気づいた時には情報難民になってしまう私には大変ありがたい

 

また、ファンとKinKiふたりの距離感。近すぎず、遠すぎず…安心と安全の距離感が(懐かしいネタ)

 

 

 

⑦音楽・バラエティ番組でタイムリーな成長期を感じられる

 

デビュー前から数多くのバラエティ番組に出てきたKinKi Kids

初期のバラエティ番組はやはり幼さと子供らしいトークがあどけなくかわいい。

デビュー前からメディア露出も多く、中居くんのサポートを元気一杯のびのびと努めたアイドルオンステージを始め、MC番組を多数持つようになり芸人顔負けのテンポの良いトークを繰り広げるようになった。

 

CDデビュー前の番組を20周年のお祝いで歌番組や少クラで少し放送されていたが、首の座らない光一や、意味不明なボケをし続ける剛。と...それをみて可愛さに悶える私に対し母親の「ファンってすごいわね。」という痛切なひとことは私の胸にだけとどめておこう。

 

音楽番組[編集]

テレビバラエティ[編集]

KinKi Kids - Wikipedia

 

やはり思春期という吸収力抜群の多感な時期にこれだけの数の番組をこなしてきたからだろうか、番組進行で必要とされるトーク力、間合い、MCのコンビ芸...何もかもの基盤ががっちがちすぎる。

それでいて個々のキャラクターもはっきりしているのが彼らの魅力だ。

 

 そしていまでは仙人と呼ばれるまでに悟りを開いた剛くん自由毒舌天然の少女漫画の王子キャラ三拍子が揃った光ちゃんのふたりの安定感は素晴らしい。

 

 

 

⑧オシャレな剛

 

堂本剛といえばアシンメトリーヘアーのパイオニアである。アイドルとして活動する傍らその枠を超えた個性を出してきた。時には行き過ぎたオシャレに周りから理解されなかったり、事務所からお叱りを受けたりと苦労もあったようだが、今では堂本剛はずば抜けオシャレという事が国民の脳内にブランディングされている。

 

冷静に剛くんのファッションを分析すると、ファッション学の基礎的にはありえない柄on柄やシルエットバランスの時もあるが彼は「自分に似合うもの」を明らかにわかっている。

 芸能人だからお高いブランド固めで...ではなく服が持つ魅力を感じて古着を好んで着たり、着こなし自分を表現する姿勢が私が尊敬している点だ。

 

また、個人的に堪らなく好きなファッションがあって

ノースリーブのトップスに若干フレアなパンツ、手元にはアームウォーマーファッション。最高にpunkでfunkだ。ぜひ一度チェックしてみて欲しい。

 

 

 

⑨ストイックな光一

 

自他共に認める仕事人間である光一くん。

という傍ら本人はストイックであることは認めていない説もあるが…世論調査をとれば確実にストイックに値する。

 

ただ年を追うごとにエンターテイナーとしてはもちろん、裏方(演出、脚本、作曲等)としての才能も認められ堂本光一の凄さを感じずにはいられないだろう。

 

a.excite.co.jp

 

KinKi Kidsの仕事も、堂本光一として関わるSHOCKの仕事も…全て全力でその時の一番の演出をし続けてくれる姿がたまらない。

 

何よりその努力を見せず常に最高のエンターテイナーであり続ける姿勢こそが彼が人を惹きつける魅力なのだろう。

 

一見、天性の才能とみえるがただならぬ努力でエンターテイナー堂本光一を築き上げた彼を見れるそれが日本一チケットの取れない舞台 『Endless SHOCK』だ

 

バラエティではやる気のないキャラクターを出していて普通なら調子にのってると反感をかうようなキャラクターだが、それが受け入れられていることは裏の凄まじい努力を皆が感じているからだろう。

 

⑩知るほど深み旨味が増す堅あげポテトのようなKinKi Kids

 

 噛めば噛むほど美味いKinKi Kids。そうだ。知れば知るほど好きになる。

この項目があることによってある意味10の理由になっていないことは大目に見て欲しい。

 

まだまだ新米KinKiファンの私に魅力を語るなんて非常におこがましく恐縮なことであるが私が知れば知るほど感じたKinKi Kidsの魅力を聞いて欲しい。

 

・ジャニーズという枠組みでただキラキラしているアイドルライブなのかと思えばアーティスト顔負けの歌唱力、ダンススキルの高さ、そして楽器まで演奏する魅せるライブ

 

・関西人だからなの…いや、違う。長年のMC経験から生まれた抜群なトーク

 

・音楽に愛された男堂本剛は音楽に生き、エンターテイメントに愛された男堂本光一は舞台に生きる…個々のスペックの高さ

 

・16.7歳やそこらで出演したドラマから分かるように化け物並の演技力

 

・狭く浅い交流関係から汲み取れるように、関係者各位からの愛され度合い

 

・耽美的な美しさを持つ

容姿の美しさはもちろん、アイドルとして、アーティストとして、役者として…幅広いジャンル全てで常に頂点に立つような美しさを持つ

 

・好きになったことを一ミリも後悔させない、アイドルとして、アーティストとして、エンターテイナーとしての高い意識を持つのふたり

 

・ファンじゃない人、異性、幅人い世代の方からも「KinKi Kids好きなんだね、いい曲多いよね。」や「トーク面白いよね」、「演技うまいよね」と褒められまくり自分のことのように嬉しくなる

 

……

………

 

 と、私の乏しい文章力ではKinKi Kidsの良さをうまく伝えられませんが…以上。

私がKinKi Kidsにハマった10の理由でした。 少しでも共感してくださる方がいらっしゃいましたら嬉しい次第です。

 

そしてオタクの種をもつ皆さん。

是非私と一緒に立派なKinKi Kidsの華を

咲かせましょう!!